香りは、移ろい消えゆくからこそ美しい

香水をシュッとつけて、

軽やかに煌めくトップノートを楽しみ、

雄大で華やかなミドルノートを堪能し、

優しくあたたかいラストノートに包まれる。

 

時間とともに移りゆく香りを楽しむのは、日本の四季を楽しむように感慨深いものです。

そして、香りには「消える」美しさがあります。

ほのかに香って、気がついたら消えている。

しかし、つけた場所(手首など)に鼻を近づけると、ラストノートがそこにいるんです。

音楽と同じように、終わりがあるから感動する。

 

自らの体臭は消臭して、強く長く香る香りをまとうというのは、最近の風潮なのかもしれません。

しかし、人から持続して香る良い香りって、結局のところ自分の「体臭」しかないんじゃないかなと思います。

つけた香りは消えてしまうし、強い香りをつけたって、結局鼻がマヒして自分では分からなくなってしまいます。

 

体臭は、DNAと、体を守ってくれる微生物たちと、食べたものとのコラボレーションです。

つまり、生きている証なんです。

汗の匂いは洗えば消えるし、日本人は体臭が少ない上に綺麗好きなので、そんなに毛嫌いしなくてもいいんじゃないかなーと思います。

 

そして、体臭にのせる形で香らせるのが、香りの芸術「香水」です。

人間はお花はあまり食べませんし、100本のバラの花束をいつも抱えているわけにもいきません。(笑)

魅力的な植物たちの生命の香りは、香水でまといましょう。

花が終われば香りも終わる。

香りは消えるもの。

だから美しいんです。