不思議な雰囲気の中で咲く香り「静かな海の月の花」

今回は、静かな夜の海、月明かりの下で咲く白い花をイメージした香りです。

香楽で作った香りのデッサン

香楽について知りたい方は、こちら→香楽とは

では、香りの制作ノートをご紹介いたします。

img12009

香りの名前

静かな海の月の花

香調

フローラルブーケ

ホワイトフローラル、バイオレットを基調とした、不思議な雰囲気を持つフローラルの香り。

香りのテーマ

ホワイトフローラルベースを活かした香り作り。

香りの制作について

制作No.105
2009年9月27日

香の具®使用本数 8本

ima2009

※香楽を学んでいる方の自由なイメージの妨げにならないように、香の具®ナンバーは伏せ、香りを視た順番と、香りの名前で表記しています。

1番目の香りのイメージ

キラッとした硬質な感じの光のイメージ。

夜空に輝く月光のようで、ベートーヴェンの「月光」が似合いそうな香り。

(グレープフルーツ)

 

2番目の香りのイメージ

本当に、夢のような良い香り。

こちらは月というより太陽のイメージ。

南国のピカピカの太陽。

夜になり、太陽が地球の裏側へ行っても、月を照らす光で太陽の存在を感じられる。

(パイン)

 

3番目の香りのイメージ

硬質な、パキっとした白い色の大理石。

または白くて大きな花(百合など)の花びらなどの、白くて存在感のあるもののイメージ。

夜の暗闇の中でも輝いて見える。

(ホワイトフローラル)

 

4番目の香りのイメージ

3番目と似た部分があるけど、さっきのはオーケストラのようで、こちらはピアノソロのようなイメージ。

海から吹いてくる心地よい風みたい。

夜の、少し涼しい風。

(ミュゲ)

 

5番目の香りのイメージ

夜の闇の中、月の光を受けて紫に見える海辺の砂。

そして、月明かりで少し明るく見える空の雲。

周りに虹の輪が見えるような美しい景色。

(バイオレット)

night-sky-523892_640

 

6番目の香りのイメージ

海辺にある森の香り。

素敵な形に編んであるリース。幸せを呼びそう。

ハワイのレイのような、花だけの首飾りと、葉だけで編んであるものを一緒につけている。お守りにもなりそう。

(ウッディ)

 

7番目の香りのイメージ

海辺にある大きめの貝殻。

耳につけると不思議な音が聞こえてきそう。

中身がパールのような、オパールのような、虹色に輝く白。

(ムスク)

 

8番目の香りのイメージ

海に昔から住んでいる、一番大きくて一番長生きの生き物。

それが遠くに見える感じ。アンバーではないけれど、クジラのようなイメージ。

とても偉大な存在で、海も島も守ってくれているもの。

(カストリウム)

 

img22009

月明かりに輝く海辺で、月の周囲に虹がかかる時だけ咲く、白くて大きな花のイメージ。

その花が咲くと、海で一番長生きのクジラも見に来るくらい、良い香りがする。

 

img32009

不思議な香り。鼻をスーッとすり抜けていくような爽快感がある。売っている香水のマリンノートのような感じもあり、海のイメージがあるし、そこに咲く(月明かりの下で)白くて大きな花のイメージもあり、不思議。

 

香りのノート

トップノート:グレープフルーツ
ミドルノート:ミュゲ、バイオレット、ホワイトフローラル、パイン
ラストノート:ウッディ、ムスク、カストリウム