キンカン花エッセンスを使用した手作り化粧水

キンカン花エッセンス

前回の投稿で抽出した自家製エッセンス。
良い感じの色になってきたので、花びらを取り出して布で濾しました。

香りは、咲きたてのようなフレッシュ感はなくなりましたが、
しっとりと柔らかくふわ~っと香って素敵です。

“キンカン花エッセンスを使用した手作り化粧水” の続きを読む

キンカンの花の香りを抽出する

こんにちは。オリジナル香水テイア フレグランスデザイナーのめぐみです。

先日、庭にキンカンの花が咲きまして、ネロリやオレンジフラワー的なとても良い香りがするので、この香りを抽出できないかと挑戦してみました。

 

最近は、香楽アカデミー幼児クラスのカリキュラムに組み込むため、香水の知識や精油を採るための方法をまとめた資料作りもしていました。

アロマセラピーの世界で習う知識でもあるのですが、植物の花や葉から精油を採るためには、いくつかの方法があります。

精油の摘出方法

・水蒸気蒸留法
(水蒸気で蒸留して、精油とフラワーウォーターを採る)

・圧搾法
(シトラス系の皮に含まれるオイルを搾り取る)

・溶剤抽出法
(溶剤に香りを溶かし出して抽出する)

・チンクチャー(浸漬法)
(原料をアルコールに浸けて香りを染み込ませる方法)

・アンフルラージュ(冷浸法)
(動物脂に香りを移す方法)

チンクチャーに挑戦

精油の抽出法をまとめている時に、キンカンの花が咲いたので、これは試してみたいという気持ちが沸々と湧きました。

こういう偶然はいままでにない体験を促すチャンスだと捉えます。

この中でチャレンジできるのは、昔ながらのチンクチャーしかありません。この方法は、今でもバニラの香りを摘出する際に用いられているそうです。アルコールに原料を浸し、時間をかけて抽出するやり方で、できた液はチンキといいます。

まず、花を摘む

バラやジャスミンなどは、咲いてすぐに摘み取らなければ香りが飛んでしまうと聞いたことがあるので、咲きたての花を摘むことに。

自宅の庭にある木ですから、とくに消毒や農薬などまいていません。なので・・・

あ、アブラムシが・・・いっぱいついてました。

虫がくるほど良い匂いなんですね。

なるべく虫をよけて、摘み取ります。うわーん。

アブラムシをとる

ハーブチンキにアブラムシ成分が抽出されては困るので、ピンセットでアブラムシをとります。

う、うわ~!めんどくさい!
アブラムシ君ごめんね!

という感じで、ちまちま作業します。

ネロリのオイルってこの作業があるから高価なのかしら、なんて思いつつ。(おそらく違います)

無水エタノールにつける

アブラムシのとれたキンカンの花は、白くてキレイです。

これを、空いている瓶に入れます。

今回は、山下先生のローズドリナのモイストローションの空き瓶にしました。可愛いんですもの。
花を入れたら、無水エタノールを注ぎます。

0559

 

するとうっすら黄色い色が。きれいです。
日が経つごとに、色が濃くなっています。

つけ始めてまだ3日ですが、どうなるのか楽しみです。

完成したら、スプレーか手作り化粧水に入れてみようかと思います。

 

03
テイアのオリジナル香水「アニマル・テイマー」はこちらです。