香楽について詳しく知りたい方へのおすすめ書籍


幸せを呼ぶ香りのセラピー「あなたが創る、あなたの香水」

香楽(こうがく)という自由な香水を創れるセラピーです。「香の具」という香りを用いて、絵を描くようにイメージで香りを作ります。

最新情報 香りのデッサン 香水制作ノート

星座シリーズ香水「牡羊座」燃えるようなリーダーシップの香り

更新日:

この香りは、星座シリーズ「牡羊座」をイメージした香水です。

※ここ最近は昔のノートの書き起こしばかりだったので、今年(2014年)のもアップしたいと思います。

香楽で作った香りのデッサン

香楽について知りたい方は、こちら→香楽とは

では、香りの制作ノートをご紹介いたします。

img12009

香りの名前

牡羊座 Aries

香調

フローラルブーケ・スパイシーノート

カーネーションを基調とし、シナモン、クローブのスパイシーノートをアクセントにした、燃えるようなフローラルブーケの香り。

香りのテーマ

牡羊座

香りの制作について

制作No.276
2014年9月17日

香の具®使用本数 15本

f44e_s

牡羊座(おひつじ座)Aries

性別:男性星座
支配性:火星(戦いの神マーズ。勝利を望む)
特質:活動
元素:火
色:あらゆる色調の赤
石:ダイヤモンド、ルビー、エメラルド、アメジスト
モットー:私は~である(I am)
象徴:あらゆるものの始まり

牡羊座の有名人:レオナルドダヴィンチ、ラファエロ、チャップリン、ゴッホ、バッハ、アンデルセン

 

***

ima2009

※香楽を学んでいる方の自由なイメージの妨げにならないように、香の具®ナンバーは伏せ、香りを視た順番と、香りの系統で表記しています。

1番目の香りのイメージ

コーラのような良い香り。

牡羊座の色は赤だけど、そういえば有名なコーラの色も「赤」。とても強くてエネルギッシュ。

魚座のもつ「すべてとひとつに」なるようなエネルギーとは真逆の、活動する火のエネルギーを持っている。

何か新しいことを始めるにはたくさんのエネルギーが必要。

未知への恐怖よりも好奇心が勝っている感じ。

突入するためのエナジードリンク(または燃料)のよう。

(シナモン)

 

2番目の香りのイメージ

はじまりの火花、というイメージ。

鋭い直感から閃いたイメージを、鉄を熱いうちに打つように素早く望む形にしていくイメージ。スピード勝負、先手必勝。

火種は普段は眠っていて、とても小さく光っている。何か集中に値するものが降ってきたら、一気に燃え上がって情熱の炎になる。

一度そうなったらもう誰にも止めることはできない。

燃料が尽きるまで燃え続ける。

(クローブ)

 

3番目の香りのイメージ

火の属性と相性が良い花のイメージ。

情熱の炎の深部まで潜り、求める結果を取ってくる感じ。

抜群の集中力を発揮する。

「奔放で執着しない自由で活動的なエネルギー」のイメージ。(水も自由ではあるけど、ある程度は型にはまっていないといけない感じ)

一度燃え尽きても、火種さえ消えなければいつでも再び燃え上がることができる。突き進むことに喜びを感じる、高いエネルギーがある。

火星の大地のような、乾燥した熱そうなイメージ。でも何か知的生命体がいそうな、謎の雰囲気もある香り。

(カーネーション)

mars-11608_640

 

4番目の香りのイメージ

春の息吹。長い冬が終わり、雪が溶けて新しい芽が一斉に伸びて春の香りを運んでくるイメージ。

1年を一生と捉えると、牡羊座の年齢は0~7歳となり、生まれてから一番成長が大きい時を表す星座となる。

産まれる、成長するエネルギーを感じる香り。

緑の香りが鼻をくすぐると「春が来た」感じがして、気分が高まる。

(グリーンフローラル)

 

5番目の香りのイメージ

春の桜。緑の葉よりも先に蕾がふくらんで花が一斉に咲き誇り、短い期間で一気に散ってしまうダイナミックさが、牡羊座のイメージと合っている。

繊細でありながら大胆さもある。表現する強いパワーがある。

(さくら)

 

6番目の香りのイメージ

美しくて少し硬質なイメージの香り。キラキラと輝くダイヤモンド(牡羊座の石、4月の誕生石)のイメージ。

他の何物にも負けない強い輝きを放っている。聖者のイメージ。

とても強くパワーもある石だけどある一定の面から刺激を受けると粉々に砕けてしまう、もろさも持ち合わせている。

(シトラス1)

 

7番目の香りのイメージ

魚座では、すべてが溶けて「自分」という境界線はなくなるイメージがあった。

牡羊座は、新たに生まれ、しっかりと「自分」という自我を持っているイメージ。

牡羊座第1期は「子ども」、第2期は「星」、第3期は「開拓者」というイメージを持っている。

***

無邪気な目を持ち、驚きに満ちた目で世界を見つめる。スタートして輝きたい欲望と同時に、探求への衝動も強く持っている。

***

しっかりとした「自分」を持った存在として、スターのようにキラキラと輝くイメージ。

(シトラス2)

 

8番目の香りのイメージ

ダイナミックで強いエネルギーで多くの人を導くイメージ。

リーダーシップを発揮する。

活動的で情熱を持ち、未知のものに果敢に挑戦するパワーがある。

正義感が強く正しい道を行くので、みんなが安心してついて行ける感じ。強く輝いているので頼りがいがある。

でも、強さだけでなく非常にナイーブで愛すべき性質を持ち合わせている。無茶苦茶でもどこか憎めない感じ。パワフルで魅力的。

(フローラル1)

 

9番目の香りのイメージ

さわやかで執着しない感じ。

牡羊座の性質として「勇敢で輝く白い甲冑に身を包んだ白馬の騎士」というイメージがあるとのこと。

ロマンティックナイト。素敵でかっこいいイメージ。

戦い、挑戦することを恐れない強さがあり、この香りのイメージにもぴったり合っている。

(ホワイトローズ)

 

10番目の香りのイメージ

「赤い色」のように、強さがあるイメージの香り。

牡羊座の色は「赤」。やっぱり赤を使うととても強い気分になり、やる気も出る。

真っ赤なドレスのような、赤を着るのは勇気がいるけど、さらりと着こなして、しかも似合っている感じ。

 

11番目の香りのイメージ

おひつじのふわふわの羊毛のイメージ。

群れの一部ではなく、先頭立っている羊のイメージ。勇敢さがあって、みんながゾロゾロとついていく。リーダーのイメージ。

おとなしそうで気性が荒い。でも情けが深く守るべき人をしっかりと守る。

男性的な強さを感じる。

 

 

12番目の香りのイメージ

 

純粋無垢で何にも染まっていない感じ。好奇心を追ってどこまででも行ける、何者にでもなれる。自由で無邪気なイメージ。

 

13番目の香りのイメージ

自分の世界を持っているので、他から見ると一見近づきづらい感じ。なかなか本心を見せてくれなさそう。謎に包まれている。

中に入れてもらうと、情に厚く優しい人だと分かる。

テリトリー内は安全で、守られている感じ。

 

14番目の香りのイメージ

牡羊なので「男性的」なイメージ。自分と他人の境界がちゃんとあり、自分の中に他人を入れすぎない。自分の考えや思いがしっかりとあってぶれない。

他人に何を言われても「私は私」「あなたはあなた」

やるからにはちゃんと勝ちに行く。強い信念がある。

(ムスク)

 

15番目の香りのイメージ

ビーバーは水のないところでもダムを作る。水があるから作るわけではなくダム作りは本能に刻まれている。そのように、理由があるからするのではなく、やると決めたからするのでもなく、やりたいからやる。

特に目標はなくとも本能からくる衝動に従う。そんなイメージ。

(カストリウム)

 

img22009

牡羊座は、火をイメージさせるスパイシーな香りを秘めたフローラルブーケの香り。

牡羊座のイメージ

・ダイナミックでパワフル
・無邪気で自己中心的
・衝動的で情熱的
・勝利へ向かって突き進む
・戦いの神マーズ(火星)
・赤
・強いが、ある一面は弱い

これらのイメージを羊のふわふわの中に隠し持っているような香りにしたい。

img32009

良い具合にスパイシーな力強いタイプの香りができています。

現在最終調整中。

-最新情報, 香りのデッサン, 香水制作ノート
-, , , , ,

Copyright© THEIA BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.