香楽について詳しく知りたい方へのおすすめ書籍


幸せを呼ぶ香りのセラピー「あなたが創る、あなたの香水」

香楽(こうがく)という自由な香水を創れるセラピーです。「香の具」という香りを用いて、絵を描くようにイメージで香りを作ります。

最新情報 香りのデッサン 香水制作ノート

「イライラを解消するクスリ」をイメージした香水

更新日:

これは、香楽をはじめた初期の頃に作った香りです。

心がとてもイライラしていた時に、「イライラを解消できるクスリのような香りがあったらいいな!」と思って作りました。

 

それでは、制作過程を見てみましょう。

香りのイメージ

■No.101の香りのイメージ

あたたかさ、温もりを感じて和む。体の力が抜ける香り。・・・11%

■No.102の香りのイメージ

すっきりと明るい気持ちになる。青ざめた顔がパッと明るくなるイメージ。・・・15%

■No.102Aの香りのイメージ

静かで落ち着いた気持ちになる。明日は何かいいことがあるかも?という希望を感じる香り。・・・30%

■No.103の香りのイメージ

新しい服に着替えて、シャキッとした気持ちになったとき。視線も上向きになっている。・・・10%

■No.104の香りのイメージ

樹齢が何百年もある大きな樹に抱きついて、ストレスがほぐれる感じ・・・9%

■No.105の香りのイメージ

栄養ドリンクを一気飲みして少々無理やりにでも元気になろう!という感じ・・・5%

■No.106の香りのイメージ

フリスク食べて気分爽快・・・3%

■No.108の香りのイメージ

大草原に寝転がってリフレッシュ。風と青空と草の香り。・・・7%

■No.109の香りのイメージ

ストレスから逃げず、真正面から向き合おうとする気持ち。・・・9%

■No.110の香りのイメージ

未来SFの世界にある、ストレス物質を消してしまえる装置に入ったような香り。・・・1%

 

全体的な香りのイメージ

とにかくイライラしたり落ち込んだりした時に、気分転換できる万能薬のイメージ。

香りの名前

ストレスは敵ではなく、消してなくなれば良いというものでもないので、「精神を鍛える者」という意味で「メンタルトレーナー」と名付けたい。

香りの自評

出来上がった香りを吸い込んで、しばらく思考停止・・・。

そのあとフッと力が抜けて「まぁ、いっか」という気持ちになれた。これは使えそう。

全てがうまく溶け合って、心がほどける感じ。

 

最初は10種類すべてを使用せず、癒し系の香りだけ使おうと思っていたのに、全ての香りがとても良いイメージを見せてくれたので、全部使うことに。特に、109の香りはあまり好みじゃなかったのに、一番大事な面を押さえていて不思議だった。

110のイメージは、ちょっと効果が高すぎて(何の学びもなく魔法のようにストレスを消すイメージ)少し邪道っぽく感じたので1%にした。

*********************************

現在の感想

この香りは結構お気に入りでした。

だいぶ初期の香りなので、各香りのイメージも短く、たったの1行しかないのですが、その割に的を射ている気がして印象に残っています。

 

「人はどういう風に癒されるのか」を意識して作りました。

単純に「良い匂い=癒し」だけで構成しても、なぜかそう簡単には「癒しの香り」にはなってくれません。

イライラしている気分の時には、簡単に「癒しの空間」へ行けないからこそ苦しみます。そして、イライラから「逃れたい」一心で、どうにか気をそらそうとエネルギーを大量に消費してしまい、かえって疲れきってしまいます。

イライラを解消したい時には、イライラする気持ち「そのもの」ときっちりと向き合うしかありません。

なので、良い匂いと感じる癒しの香りの中で、ひとつ「あまり好きでない匂い=ストレス」に向き合い、それにどう対処するかが鍵になってくれたのだと思います。

その109番の香りを見て、自然と「ストレスから逃げず、真正面から向き合おうとする気持ち」と書かせてくれるところに香りの偉大さを感じました。

freedom in red / Libertad en rojo
freedom in red / Libertad en rojo / pasotraspaso

制作年月

2008年6月

・・・・・・・

香りのイメージへの感想やリクエストは「お問合せ」からどうぞ!

-最新情報, 香りのデッサン, 香水制作ノート
-, , , ,

Copyright© THEIA BLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.