香楽について詳しく知りたい方へのおすすめ書籍


幸せを呼ぶ香りのセラピー「あなたが創る、あなたの香水」

香楽(こうがく)という自由な香水を創れるセラピーです。「香の具」という香りを用いて、絵を描くようにイメージで香りを作ります。

最新情報 香りのコラム

バラ祭りに行ってきました。

更新日:

こんにちは。オリジナル香水テイア フレグランスデザイナーのめぐみです。

2014年5月25日、ブルガリア大使館大使公邸にて「バラ祭」が開催されました。
先生に招待して頂きまして、今回で3度目の参加です。

25日はとても暑かったですが、大使公邸は緑が豊かで庭園がとても美しいので、木陰が涼しくて気持ちの良い一日となりました。

 

主催者であるソフィアエコプランの原田社長のご挨拶によると、
6月2日はローズの日(ろ(6)ーず(2))だそうです!語呂合わせが可愛らしいですね。

 

バラ祭りでは毎回定番となっている、山下先生の香水づくりにて、今回初めて正式に(?)お手伝いさせていただきました。仕上がった香水を調合する役割です。

今回はブルガリアの副大統領もいらしていて、香水づくりを楽しまれていました。

調合役としましては、レシピを間違えないように手早く調合しなくてないけないため、イメージの内容を見ている余裕はなかったのですが、とても素敵な文字で香りのイメージを書かれていました。どんなイメージされていたのか、とても気になります!

調合のお手伝いとして参加していた私たちにまで、お礼としてブルガリアンローズの香水を下さり、感動しました。一生大事にします。

0553

一回一回は短い時間でしたが、みなさん、色々なイメージを書かれていて楽しまれていたようです。やはり良い香りがもたらしてくれる心の中のイメージは、純粋で素敵なものです。たまに「イメージを書くのが難しい」という方がいらっしゃいますが、心の景色が描けないというわけではありません。

イメージを適切な言葉にするというのは、簡単なようで難しいところもあるのです。

あと、何となく「こんなこと書いたら変かしら」とか、何となく書くのが恥ずかしいような気持ちも分かります。

 

この夏には、香楽のアカデミーが開校するので、そういう「イメージが見えない」ブロックのようなものを、いかに自然に外していくかが講師の課題となると感じました。

 

香楽が子どもから大人まで幅広く広がって、事あるごとに香りを使って、心を豊かにしていく基盤ができたら素敵だな~と思います。
香楽って、楽しみながら心の世界に入っていけるので、子どものころから身につけていたら、自分の夢も分かるし、感情も、心も、より鮮やかに想像力豊かに育むことが可能です。それは、これからの時代に必須の教育となっていくのではないかと考えています。

 

-最新情報, 香りのコラム

Copyright© THEIA BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.