香りの基礎知識 香水の基礎

香料について「天然香料と合成香料」

更新日:

香料には、天然の香料と合成の香料があります。

天然香料は、天然の素材から抽出し、合成香料は、天然香料の再現として合成されます。天然香料から抽出することもあれば、研究室で人工的に作り出すこともあります。


Perfume Organ, Grasse / tacoekkel

<天然香料の原料>

植物性香料

花、茎、葉、根、草、木、樹皮、樹脂、種子、果実、果皮
などの原料から、素材に合った抽出法によって採取される。

動物性香料

・ムスクMusk(麝香)ジャコウ鹿の香嚢から得られる
・アンバーグリスAmbergris(龍涎香)マッコウクジラの病的物質
・カストリウムCastoreum(海狸香)ビーバーの香嚢から得られる
・シベットcivet(霊猫香)ジャコウ猫の香嚢から得られる

※動物性香料は、動物保護の観点から、現在では合成香料で代替されています。

<合成香料>

アルデハイド

合成香料の中でも特に重要な役割をするのがアルデハイド類。

人工的に合成されたこの香りは、独特のワックスのような重工感をもたらします。

-香りの基礎知識, 香水の基礎
-,

Copyright© THEIA BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.